2013年11月24日日曜日

プログラム22(CURLING)

 カーリングのゲームを作ってみました。
本格的なものをやりたければ、DSソフトにあるようです。
(ぼくも入手したいです)

 遊び方
  • 起動したら、人対人か、コンピュータ対人かを選ぶと始まる。
  • コンピュータは先行の場合のみとなってます。
  • 十字キーでパラメーターを選んで、ショットをAボタンを押して行う。
  • 8石ずつ投げ終わると「1エンド」で、このゲームは1エンドしかできない。
  • 上画面の下方にあるのが、下画面は氷上のどこを映しているかを示す部分。
  • ショット中はブラシでこする(ペンでタッチする)と石が速くなる。
  • ルール(ネットで調べてね)違反があったらUNDOボタンでやり直す。

プログラム本体QRコード9個、CHRファイルQRコード2個
両方とも必要です。

      








 

CHR 1/2
CHR 2/2
 

プログラム21(CHIKYUGI)

 地球の地図を描いて、それを球に表現して表示するものです。
グラフィックの処理でやってますが、この速さが限界(僕の技で)です。
ななめに地球を傾けたりできません。
速度が速いプチコン3号が出たら再挑戦したいです。
1/2
2/2


 

2013年10月19日土曜日

プログラム20(BOWJP)

 タイトルは「空のとび方」です。

 左の崖から人がジャンプして空を飛んで右のゴールに着地すればOKです。

 操作方法としてはAボタンを押すとジャンプします。
ジャンプの途中でBボタンを押すと空中で人は丸くなり、揚力と速度が減少します。
飛んでいる間はBボタンしか操作するものはありません。
 
 ジャンプ前に十字キーでジャンプの速さを決めておきます。5から20まで変えれます。
 飛ぶ前ならXボタンを押すと、条件をランダムに変更できます。
白いゴマのような4つの群れは、上昇気流と下降気流を表します。
条件とは、その気流の向きと気流の範囲高さ、ゴール地点の高さです。

 ゴール地点付近まで飛んで来れば、自動的に着地します。

 Xボタンを何度もおして、良い風がきたら飛びましょう!

いろんなルールが考えられますが、できるだけ滞空時間を長くして着地するというのも一つの競技種目です。

ちなみに、ぼくはスピッツの大ファンです。
 
1/4



2/4
3/4
4/4
つぎがキャラデータです。これも必要です。

C1/2

C2/2
 



2013年10月7日月曜日

プログラム19(OKAZAC)

 
おかざえもんのゆるいゲーム。

とにかく味噌樽から逃げる。
Bボタンを押すと手を振って、ゆるキャラアピールをします。
すると「残りおかざえもん数」が増えます。
(残り数がいきなりゼロまで行くバグがありますが、ゆるゲーなので許してください。)

久しぶりにプログラムつくりました。
しかしプチコンって、やっぱり凄い。こんなに簡単にゲームが作れる!!

プチコン3号たのしみですね。



プログラム本体(OKAZAC)
 
キャラ1(OKAZA)

キャラ2(OKAZA1)
背景(OKAZAG1)

2013年6月8日土曜日

プログラム18  (TETTET)

テトリスで2個一緒に落ちてくる場合の実験をしました。
プログラムの作成は、1個落ちをつくるより考慮するところ多く大変でした。

1/4

2/4

3/4

4/4

2013年4月28日日曜日

プログラム17(MOG_PUZ)

プチコン大喜利2のため、久しぶりに作った作品です。
モグラたたきとパズルをあわせたゲームです。

上画面の黒丸を全部白丸にすればクリアです。
上画面の黄色枠を十字キーで動かし、
下画面に出てくるパターンをモグラたたきのように
タッチすると上画面に転写されます。




1/3

2/3


3/3