2012年3月17日土曜日

プログラム4(8823)

はやぶさの苦労を、ほんのちょっと味わうために作ったゲーム。
キャラクタ(地球、イトカワ、はやぶさの絵)はプログラム内にあるので、
ファイルは1つだけです。

<表示の説明>
NT:はやぶさまで指令が届くのに必要な時間
PT:一番古い送信済の指令がかかっている時間
Rx:はやぶさが受信し実行待ちの命令
Tx:送信済の指令(宇宙を通過中)
TIME:ゲーム開始からの時間
DIR.:はやぶさの進行方向
VEL.:はやぶさの速さ
DIS.:はやぶさとイトカワの距離
ENGINE:使えるエンジン数
<命令ボタンの説明>
LとR:回転
四角マーク:推進
D:イトカワに着地(距離制限)
S:サンプル採取命令
U:イトカワから離脱
C:カプセル切り離し命令(距離制限)
丸マーク:地球に帰還(距離制限)
着地とかは自動(自律)ということでw




(3/23補足追記)
距離や時間の単位は、気にしないで適当に想定してください。
LやR命令で回転を始めると宇宙空間ですので回り続けます。
止めたいときはLとRの命令数が同数になるように命令して下さい。
「距離制限」と書いてある命令は、イトカワや地球の近くにいなければ実行されません。
エンジン数は時間が経つと故障して減っていきます。




1/5
2/5

3/5

4/5

5/5






0 件のコメント:

コメントを投稿